開業したい医師のためのお役立ち情報

勤務医として働いているだけでは、自由な考え方で患者の治療を行うことが困難です。自分の腕や知恵を用いてより良い診療を行いたいなら、自分自身のクリニックを持ちましょう。医師が開業する場合、法人でなければさほど難しい手続きをしなくても済みますが、その後、経営が成り立つように継続させるのは簡単ではありません。簡単ではないものの、成功をおさめれば勤務医とは違った、充実した仕事をこなすことができます。成功したいなら失敗をできる限り抑えるようにするのがポイントです。失敗しがちなパターンは、事前に知識を十分に持たないまま、医師として開業してしまうことです。雇われて仕事をしているときとは全く別の知識が必要になってきますので、時間をかけて勉強しておきましょう。

資金はある程度残しておくように

医師が開業する際には、ある程度多額の資金が必要になってきます。勤務医として働いている最中にお金を貯めておくようにしますが、貯めた資金を全て使ってしまうのはあまりにもリスクが高すぎるため、やめましょう。高い技術を持っているような医師であれば開業して直ちに成功するといった、甘い世界ではありません。しばらくは生活費を確保したり、運転資金を補充するため、ある程度のお金を残すことをおすすめします。金融機関からお金を借り入れるのも良い解決策です。利息がつきますが、月々の少ない負担で返済できますので、一気に資金を投入したものの急激にお金を失ってしまい、何もできなくなるよりは安全です。医師の立場で開業する場合、他の商売よりも金融機関からの信用を得られやすいメリットを活用しましょう。

立地は成功に導くための重要なポイント

開業を考える医師が知っておきたい知識として、医院の立地が挙げられます。立地は成功をおさめるにはとても重要な要素です。自分の考えだけでなく、来院する人の立場で決めるようにしましょう。あまりにも人が集まりにくい場所に医院を構えると利用者が集まってこないため、経営を支えられるだけの収入が得られにくくなります。駅や商業施設からやや離れた場所に構えるなら、足腰が不自由な人のために、バスや電車移動で来院しやすい距離にある立地を選びたいところです。人が集まるところなら成功できると考えていると失敗します。駅周辺などにはすでに競合する医院が存在する例が多いため、競合相手に勝てるだけのサービスを打ち出したり、競合しない診療科目の医院が存在する場所に候補を変更するなどの対策を行いましょう。